行政書士登録~日本行政書士会連合会入会まで

開業

行政書士 登録

行政書士試験に合格しただけでは、行政書士を名乗ることができません。

行政書士試験合格者が、行政書士になるには、行政書士名簿に、住所、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地など日本行政書士会連合会の会則で定める事項の登録を受ける必要があります。登録は、都道府県行政書士会を通して行います。

行政書士 登録のための書類

行政書士会のホームページを確認すると、「登録のご相談、申請書等のお受け取り、登録申請などをされる際には必ず事前に事務局までお電話にてご連絡ください。」となっております。

登録書類の準備前に、都道府県行政書士会に電話する。

行政書士登録申請書

登録には、行政書士登録申請書を提出をしなければなりません。

行政書士会のホームページに申請書の書き方や注意点などが書かれていますが、それ通りに書いて持っていっても書き直しになりました。書き方が細かく指定されており、おそらく一人で書くのは難しいと思います。必ず都道府県行政書士会の事務局に連絡して、書き方を確認しましょう。

まずは都道府県行政書士会事務局で組織や書き方などについて話を聞き、一旦帰って書類一式揃えた上で改めて提出に行く、というのが最速だと思います。

履歴書

登録の際に提出する履歴書も同様です。

間違えたら書き直しになりますので、まずは事務局の話を聞いて、鉛筆で下書きして、よく確認した上で清書してください。

行政書士試験合格証

行政書士試験合格証の原本を都道府県行政書士会の事務局の方が確認しますので持っていきましょう。

写真

縦3.5 CM 横2.5cm の顔写真は6枚持っていきます。登録後にもらえる行政書士商標及び都道府県行政書士会の会員証に 貼り付けされる写真ですので、私はスーツで証明写真を撮りました。

事務所の使用権所有権を証する書面

事務所の使用権所有権を証する書面に関しては、どこを事務所にするかによって必要になるものが異なります。

行政書士事務所としての独立性が確保されていないと法の趣旨に反する、ということで入り口いや事務所スペースが独立しているかどうかをチェックされます。

また、事務所の所有者が自分以外(親、親類、賃貸等)の場合は事務所として使用することへの使用承諾書、つまり所有者の同意書が必要になる場合があります。アパートの場合、不動産業者が事務所としての利用を認めてくれないこともありますので、要確認です。

私の場合は建設業を営んでいる父親の事務所の一角を間借りしました。使用承諾書を提出しました。

事務所の位置図と平面図

事務所の位置図と平面図は、書式が都道府県行政書士会にありましたので、そちらを利用しました。

登録後に行政書士会の方が場所と事務所の中をチェックしに来られます。私の場合はノートパソコンとプリンターと机がある3畳ほどのスペースを事務所としていおり、提出した位置図平面図と大きく相違なければチェックは10分程度ですぐ終わります。

その他書類

住民票、身分証明書などは事前に取っておきました。

誓約書は、名前を書いてハンコを押すだけなので難しくありません。

事務所の内観・外観写真は「サービス版」をA4の紙に印刷です。写真のサイズは、サービスL版で89x127mmです。

登録手数料

登録申請書等一式を提出する際に、登録手数料25000円が現金で必要になります。また登録免許税として30000円の収入印紙も用意する必要があります。

書類一式準備できたら都道府県行政書士会に提出です。書類を確認し、不備がなければその書類は、都道府県行政書士会を通して、東京の日本行政書士会連合会に送られます。そこで問題がないと確認できれば、晴れて行政書士登録となります。

登録にかかる期間は一か月ほどでした。

行政書士会 入会手続き

登録申請が受理されたということで、日本行政書士会連合会等への入会手続きに来てほしいと事務局から連絡がありました。

入会手続き時の持ち物

  • 入会金等 約340,000円 当日現金持参
  • 通帳
  • 通帳印
  • 職印

入会金・会費・支部会費・政連会費

入会手続きで約34万円を支払いました。入会金…250000円、会費…6000円/月→半年分支払い、支部会費…500円/月→半年分支払いが、内訳です。

行政書士開業に必要なお金は、登録費用と入会費用、その他職員等作成費用を合わせても50面円以下ででき、独立して何かをなしたいと思っている人にとっては、とても有利です。

行政書士開業は、50万円以下でできる。

通帳・通帳印

口座の通帳と通帳印は、今後の回避の引き落とし口座となります。

職印

職印を作ってもってくるように言われました。

職印は日行連会則81条の別記様式第一に準じて作らなけばいけません。

2行か3行かはどちらでもよいということのようなので、私は、バランスのいい3行で作りました。

職印はインターネットで注文しました。5000円程です。

入会手続き時にいただいたもの

書類などいっぱい渡すので、大きめの袋を持ってきてくれとも言われました。(…が、当日袋を忘れてしまい、事務局の方に紙袋をもらいました。助かりました…。)

当日は、行政書士会の会長が来て説明してくださいました。

その後、説明を聞きながらいろいろといただいたのですが、そのうちのいくつかを紹介します。

行政書士登録通知書

これはたぶん保管でいいと思います。

行政書士登録証

額に入れて飾るとどうでしょうか、とのことでした。

行政書士倫理綱領

行政書士倫理綱領は事務所に掲示です。

行政書士証票と都道府県行政書士会会員証

これは免許証ぐらいの大きさのカードで顔写真入りです。常に携帯が必要です。役場などで提示することもあるそうです。

バッジ

ピン式とネジ式があって、ネジ式にしました。

立派な箱に入っています。

行政書士マニュアル

日本行政書士会連合会が出している行政書士マニュアルです。目を通しておいてくださいとのことでした。

そのほか、戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書、これは研修を受けないともらえないということでした。研修を受け購入申込書に必要事項を記載し誓約書に職印を押す必要があります。また、日本行政書士会連合会の会員サイトへのログイン方法などの案内もありました。

いくつかの書類に職印を押して、入会手続きは1時間ほどで終了です。

これで晴れて行政書士を名乗れることになりました!今後色々なお知らせがメールで届くようです研修などには積極的に参加してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました