サンダーV(4号機) 打ち方とリーチ目

パチスロ

サンダーV(4号機)打ち方

通常時の打ち方と、
リプレイハズシの説明です。

基本的でかつ超簡単。

しかも効率的で、
刺激的なリーチ目の拝める
私の好きな打ち方です。

まずは通常時から説明します。

ーーーーーーーーーーーー
左リール上段に7を狙って、
チェリーをフォロー

ーーーーーーーーーーーー

以上です。

中・右リールは適当でもOK。

「単独Vを枠上にビタで狙え」
なんて難しいことは言いません。

スイカは取りこぼしても
全く問題ないのです。

なぜなら、サンダーⅤには、
「小役カウンタ」というシステムが
あるからです。

小役カウンタとは、小役を取りこぼして
損したら、小役確率が上がっくれて、
損を解消してくれるというシステムのこと。

だから、チェリーもスイカも、
バシバシ取りこぼしちゃってください。

展開に大きな影響はありません。

もう一度言います。

通常時の打ち方は、

左リール上段に7を狙って、
チェリーをフォローするだけ。

簡単ですよね。

サンダーV(4号機)の
最もメジャーな打ち方。

それが、

左リール7狙い

だと思います。

サンダーV全盛期のころは、
みんなこの打ち方で、
単独V枠上ビタ狙いの人の方が
少なかったです。

実際、単独Ⅴ枠上ビタなんて、
ほとんどの人ができてませんでした。

難しいですもん。

みーんな7狙い。

単独Ⅴ枠上ビタよりも
出目がドラマチックで、なにより簡単。

ぜひ試してみてください。

で、

慣れてきたら、ぜひ
中リールにも7を狙ってみる打ち方に
チャレンジしてもらいたいと思います。

そうすることによって、
サンダーⅤのリーチ目の奥深さを
感じることができるんですよね。

以下、基本的な打ち方です。

サンダーV(4号機)の打ち方
  1. 左リール上段or枠上に赤7を狙う
    ※チェリーなら、中・右リール適当打ち
  2. 中リール枠内に赤7(下にチェリー)を狙う
    ※スイカノーテンなら右リール適当打ち
  3. スイカテンパイの場合、右リール枠内Vを狙う

まず左リールの
上段もしくは枠上に7を狙います。

チェリーの場合は、
中・右リール適当です。

チェリー非成立のときは、
7が下段か枠下に停止します。

中リールは、
上にリプレイがついた7を狙います。

スイカが、非テンパイなら、
右リール適当打ちです。

スイカテンパイのときは
右リール枠内にVを狙います。

中段スイカテンパイは、
スイカorボーナスです。

ベルとスイカの
上段ダブルテンパイの場合は、
ハズレのこともあります。

が、

ベルとスイカ下段ダブルテンパイの場合は、
小役確定型です。

小役ハズレは、リーチ目となります。

<参考>サンダーV(4号機)左7狙いの打ち方詳細 リーチ目とスイカ取りこぼし目

サンダーV(4号機)リプレイ外し

サンダーV(4号機)のリプレイ外し
  1. 中・右リール適当打ち
  2. ベルテンパイの場合は、3連Vを滑らせてGET
  3. リプレイが中段or左上がりテンパイの場合、三連Vの下のベルをビタ押し

BIGの小役ゲーム中の打ち方ですが、
まずは中・右リール適当打ちです。

次に、小役の取り方です。

ポイントは、「3連Ⅴを狙う」です。

ベルが上段or
中段テンパイした場合は、
ベルorハズレですので
3連Vを枠内に狙います。

Vが滑ってベルが獲得できます。

ベルが下段テンパイの場合も
ベルorハズレです。

3連Vの下のVを上段or中段に狙います。

目押しがちょっとシビアで、
3連Vの下のVが枠上だと
ベルの取りこぼしです。

そして、リプレイハズシです。

ビタ押しが必要なんですが、
がんばればなんとかなるという
ちょうどいい難易度で、
程よい達成感を与えてくれます。

打ち方です。

リプレイ成立の場合、
中段テンパイか左上がりテンパイの
2パターンしかありません。

それ以外のリプレイテンパイは、
実はハズレです。

中段テンパイか左上がりテンパイのときは、
3連Vの下のベルをテンパイラインに
ビタ押ししましょう。

直視できない私にはかなり難しく、
リプレイをビタ押しして、
何度も失敗しました。

残り10Gになったら、
順押し戻してジャックインさせましょう。

サンダーVは、魅力たっぷりです。

たとえ初心者であっても
攻略法と自分の技量を生かして
目標に到達する達成感を
味わうことができます。

予告音+
左リール下段赤7消灯時のドキドキ感。

ハサミ打ちで右リールV下段消灯、
中リールスイカ付き7下段に着地+消灯。

下段77Vからの落雷スペシャル!

脳汁プシャーが止まりません。

適当打ちでリーチ目と
フラッシュを楽しむもよし。

小役回収打法、リプレイ外し、
設定判別などで攻略しつくすもよし。

打つ人を選ばない名機中の名機、
それが初代サンダーVです。

スペック

設定  BIG   REG   機械割
 1  1/293  1/431  95.36%
 2  1/273  1/431  98.20%
 3  1/260  1/400  100.98%
 4  1/248  1/372  103.76%
 5  1/245  1/303  106.58%
 6  1/241  1/256  109.38%

・・・

初代サンダーV(4号機)が
登場したのは1997年です。

当時のパチスロは、小役回収打法と
リプレイ外し必須で、狙ったところに
狙った図柄を目押しするビタ押しが
求められました。

私は図柄が直視できなかったので、
もっぱら色押しで対応しておりました。

初めて打った時サンダーV は
左リールに3連Vがあって
とても見やすいな、
と思ったのを覚えています。

私が本格的に打ち出したのは
2000年でした。

そのころになると
サンダーVの打ち方は、
左枠上単Vビタ押しが主流。

左枠上単V打法は、
ボーナス成立時に必ず1コマすべりで、
成立ゲームでボーナスをそろえられます。

コインロスがない、
リーチ目が分かりやすい
というメリットがあります。

ただ、目押しミスで左上段Vビタ押しすると、
スイカを取りこぼしてしまいますし、
リーチ目がいつも同じでつまらない、
という特徴があります。

私は、左単Vが見えなかったので、
左リールには、枠上or上段に
アバウトに赤7を狙っていました。

7狙いは、ボーナス成立ゲームで
7が枠下まですべることがあり、
ボーナスをそろえられないことがあります。

つまり、コインロスがあるのが
デメリットです。

ですが、目押ししやすい、
リーチ目が美しくてバリエーション豊富
というメリットがあります。

ネットとかでよく紹介されている
リーチ目は、枠上単Vビタからの
ものが多いです。

名機と言われているこの台の、
たぶん色押ししかできない人の
ポピュラーな打ち方である、

左リール赤7狙いのリーチ目が、
詳しく解説されているのは
見たことがありません。

ここからは、さらに突っ込んで、
左リール上段アバウト赤7狙いの魅力と
そこから出現するリーチ目について、
詳しく解説していこうと思います。

  1. サンダーVのボーナスは、リーチ目を堪能してからそろえるべし
  2. サンダーVのスイカは取りこぼすためにあると理解すべし

左枠下赤7のリーチ目 ハサミ打ち

7狙いの打ち方では、

予告音+赤7下段消灯がアツい

とされておりますが、
ボーナス成立時には、7が枠下まで
すべることが多かったような気がします。

また、当時のパチンコ屋はうるさくて
予告音が聞きとりにくく、
またリールのランプが切れていて
消灯かどうか判別不能な台もありました。

だから必然的に、
出目に集中することになります。

■左リール枠下赤7
 右リールVベルBAR

初代サンダーVを打っていて、
予告音が鳴り、

(鳴らなくてもいいですけど、
 なった方がアツいです)

左上にアバウトに7を狙うと、
ズルっと枠下まですべりました、

というケースが
一番多かったように思います。

このとき私は、
好んでハサミ打ちしていました。

右リール上段にアバウトにVを狙います。

すると、こんな出目が出現します。

小役の可能性はないので、
中リールに狙うのはVです。

枠上あたりにアバウトに狙います。

枠上、上段、中段、枠下に
止まればリーチ目です。
(ビッグ・レギュラー共通)

ハズレは中リール下段Vだけ。

これは枠上。リーチ目です。

サンダーV(4号機)リーチ目①

パッと見、謎ですね。

実は、中リールのチェリーが
スイカの代わりで、
スイカのハズレ目という
意味だと私は解釈しています。

ちなみに、
中リール下段がスイカはリーチ目です。

これは、中リール上段V。

有名な中段リリべです。

サンダーV(4号機)リーチ目②

中段リリべですが、
リリVでもリリBARでもリリチェでも
実はリーチ目です。

順押しで中段リプレイテンパイときて、
右リール上段にリプレイが無ければ
リーチ目。

例外で、右リール中段赤7は✕です。

中リール中段Vもリーチ目です。

サンダーV(4号機)リーチ目③

左下スイカ、中リール中段Vor7、
右リール上段Vor7の、
右斜め上がりスボボは
美しいリーチ目です。

(スイカ、ボーナス、ボーナス)

中リール枠下Vもリーチ目です。

これも謎ですね。

サンダーV(4号機)リーチ目④

やはりチェリーが
スイカの代わりだと思われます。

初めてこの出目で
落雷スペシャルが来たとき、
この台は裏モノなんじゃないか
と思いました。

■左リール枠下赤7
 右リール中段V

予告音が鳴ってこの形は、
スイカとベルのダブルテンパイ。

中リールはスイカ付き赤7を狙います。

ど真ん中にズドン!

とスイカ付き赤7降臨でリーチ目です。

サンダーV(4号機)リーチ目⑤

小役、完全否定!
という感じで美しいです。

中リール、チェリー付き7だと
スイカ取りこぼしの可能性があります。

スイカ付き赤7が下段でもリーチ目です。

サンダーV(4号機)リーチ目⑥

この場合は中段リリVになりまして、
こちらも神々しいです。

■左リール枠下赤7
 右リール下段V

この場合は、ハズレのことが多いです。

リーチ目はこれだけ。

サンダーV(4号機)リーチ目⑦

中リール中段にスイカの場合です。

このリーチ目は、
順押しでゲーム消化しているときに
出ることが多いです。

昔、雑誌で
中リール中段ボーナス絵柄が
リーチ目というのを見た覚えが
あるのですが、

ずっと打ってきて
一度も見たことがありません。

■左リール枠下赤7
 右リール枠下V

この場合は上から、
ベル、リプ、スイカがトリプル聴牌
している形なのですが、

必ずしも小役がそろうわけではなく、
平気でハズレます。

リーチ目になるのは、
ベルの大三角ができたときです。

サンダーV(4号機)リーチ目⑧

星座か!って思うくらい美しいです。

左枠下赤7のリーチ目 順押し

■左リール枠下赤7
 中リールベルスイカ
 ダブルテンパイ

今度は、
順押しの場合によく出るリーチ目です。

私のサンダーVの通常時の打ち方は、

左リール上段アバウト赤7
中リールスイカ(緑色が見えるので)
スイカテンパイなら右リールV
ノーテンなら右は適当打ち

でした。

ですから、通常時にヌルっと
リーチ目が出るのはこのパターンでした。

ベルスイカ上段ダブルテンパイの場合、
リーチ目は2つあります。

サンダーV(4号機)リーチ目⑨

下段ダブルテンパイは、小役orボーナスです。

サンダーV(4号機)リーチ目⑩

これが実践で一番よく見た
リーチ目かもしれません。

右リールVが枠下2段目まで滑っています。

これもリーチ目ですが、
このパターンで右リールVベルBERだと、
目押しミスです。

サンダーV(4号機)リーチ目⑪

やらかしたときは、
誰も見てるわけないのに、
いつも一人で恥ずかしく
感じていました。

ちなみに、↓のようになると、
スイカの取りこぼしです。

スイカ取りこぼし①

やっちまったぁ…と感じてしまう、
悲しい出目です。

■左リール枠下赤7
 中リール上段スイカ付き7

小役ノーテンの形なので、
ベルの大三角完成を夢見ながら、
右リール適当打ちです。

たいがいハズレますが。

■左枠下赤7
 中中段スイカ付き7

この場合によく出るリーチ目が、
右斜め上がりスボボです。
(スイカ、ボーナス、ボーナス)

ハサミ打ちからのスVVもいいんですが、
順押しのス77が、カッコよすぎます。

サンダーV(4号機)リーチ目⑫

右リール適当打ちなので、
中段Vの形もよく現れます。

右リールVの少し上のBARでも
リーチ目になります。

↑は、ハサミ打ちしたときの
ベルスイカダブルテンパイ
否定の形になっています。

■左枠下赤7
 中下段スイカ付き7

順押し時に、
中段にリプレイが
テンパイしている形です。

リリべ、リリV、リリチェに
なってくれと祈りながら、
右リール適当打ちです。

気のせいかもしれませんが、
順押し消化中にリリべが出るときは、
BARが多いような気がします。

以上で、サンダーV左枠下赤7からの
リーチ目のパターンはすべて
網羅で来ているのではないでしょうか。

左下段赤7のリーチ目 順押し

初代サンダーV、
左リール赤7狙いのときの
脳汁プシュー激アツ演出と言えば、

予告音+赤7下段消灯

につきます。

…が、しかし。

■左下段赤7
 中上段スイカ付き7

左リール下段7着地時には、
私は順押しで中リールスイカ付き7を
狙うことが多いです。

その時、いつも見る出目がこれです。

中リールでがっかりです。

7もスイカもテンパイしない、
なんとも残念な出目ですが、
ここであきらめてはいけません。

右リールにはVを狙います。

右リール中段にVが止まったら
リーチ目です。

ただし、バケ確定。

サンダーV(4号機)リーチ目⑬ REG確

ちなみに、順押しで、
右斜め上がりテンパイと下段テンパイは、
そのまま生で入れてしまいます。

左下段赤7
 中中段スイカ

中段スイカテンパイの場合は、
ほとんどスイカです。

たまに見るのは、これです。

サンダーV(4号機)リーチ目⑭ REG確

中リールスイカ付き7を狙っていますので、
BIGのときは7テンパイのことが多い。

つまり、スイカテンパイ時は、
スイカorBARだと思っています。

右リールにVを狙うと
枠下2列目までVがすべって、
上段にBARが現れます。

バケ確定。

ちなみに、
右リールV狙いでスイカがハズレれば、
ボーナス確定。

右リール中段VでBIGです。

中段スイカテンパイ時は、
どうせスイカかオバケだろ、
と思ってしまっているので、

右リールには7の3コマ下の
スイカをアバウトに
狙ってしまうことがあります。

そんなとき、ごくまれに、
こんな感動的な目が出てくれるから、
初代サンダーVが
やめられないんですよね。

なんで右リール7を枠内に
引き込まないのでしょうか。

サンダーV(4号機)リーチ目⑮

狂っています。
そして、美しすぎます。

スイカ取りこぼした場合はこちら。

スイカ取りこぼし②

情けねぇ!

何度もお目にかかりました!

左下段赤7
 中下段スイカ

激レアのリーチ目です。

数えるほどしか
お目にかかったことはありません。

たぶん中リール停止時点で
2リール確定だと思います。

サンダーV(4号機)リーチ目⑯ 2確

しびれます。

左下段赤7のリーチ目 ハサミ打ち

「予告音鳴って左下段赤7消灯したら、
 右リールにV狙えよ!」

初代サンダーV(4号機)を
初めて打った時に、
こう教わりました。

初代サンダーV(4号機)を
打ち始めのころは、
ハサミ打ちばっかりでした。

■左下段赤7
 右枠下V

予告音時、
左リール下段赤7のあと、
ハサミ打ちで右リール枠下V。

サンダーV(4号機)リーチ目⑰ 2確 BIG確

伝説の2リールBIG確定リーチ目です。

サンダーV(4号機)リーチ目⑱ BIG確

出た瞬間、体全体が

ビクっ!

ってなるのと同時に

「うぉっ!!」

と声が出ます。

中リール適当に止めると、
中段にボーナス絵柄やスイカが来ます。

サンダーV(4号機)リーチ目⑲ BIG確

どこからどう見ても完璧なリーチ目です。

ボーナス絵柄をそろえる前に、
いったん席を立ち、
トイレに行って心を落ち着かせ、
戻ると同時にタバコに火をつけて、
このリーチ目を堪能しましょう。

■左下段赤7
 右下段V

左リール下段赤7からハサミ打ちで
右リールにVを狙って
下段にVが着地したときは、

中段にスイカがテンパイしているので、
中リールにスイカ付き7を狙います。

そのときのリーチ目はもちろんこれですね。

サンダーV(4号機)リーチ目⑳ BIG確

This is サンダーⅤ.

言わずもがなのBIG確定です。

右リールVを狙ったつもりが、
壮大な目押しミスをしたときに
出るリーチ目がこちら。

サンダーV(4号機)リーチ目㉑

順押し適当打ちで出ることも多いです。

■左下段赤7
 右上段V

右リール上段Vの時のリーチ目、
おなじみ77Vです。

サンダーV(4号機)リーチ目㉒ BIG確

横綱。

勇ましい王者の風格が漂います。

中中段にスイカが止まることは
少ないように感じます。

■左下段赤7
 右チェリーベルリプスイカチェリー

左リール下段赤7のときで、
ハサミ打ちで右リール適当打ちしたときに、
不意に出てきてしびれさせてくれる
2リール確定リーチ目です。

サンダーV(4号機)リーチ目㉓ 2確

一瞬、固まります。

・・・

以上、

左リール上段アバウト赤7狙いの
打ち方とそこから出現するリーチ目の
すべてを紹介させていただきました。

アツい気持ち、
伝わりましたでしょうか。

いろいろ説明しましたけど、
サンダーVの打ち方は自由です。

適当打ちでもそれなりに楽しめ、
打ち方を工夫すると味わい深い。

ぜひ自分の打ち方で
楽しんでみてください!

コメント

  1. だい より:

    赤7派だったので、共感できて嬉しいです。
    いろいろなリーチ目が見れて楽しいし、悶絶ポイントもいっぱいありましたよね。

    当方も実機持ってます。画像の様にサカイの段ボールの上においてあります。

    ちなみに、もう10年以上前ですけど行政書士も目指してました。法令科目は合格ライン越えてたんですが、一般教養がね…
    資格学校行ってましたが、初代北斗の誘惑によりだんだんと足が遠退き、パチプロへ進んじゃいました

タイトルとURLをコピーしました