スーファミ お手軽電池交換

ゲーム

スーファミカセット 電池交換の手順

スーファミのソフトは、電池が切れているとセーブしたデータが残りません。カセットを開けて、中の電池を交換する必要があります。15分くらいでできます。

  1. カセットを開ける→専用ドライバーを使う
  2. 古い電池をはずす
  3. 新しい電池を取り付けてセロテープで固定
  4. カセットを閉める→専用ドライバーを使う

スーファミカセット 電池交換の際に用意すべきもの

  • スーファミカセット用ドライバー
  • 電池 CR2032
  • セロテープ

スーファミのカセットは特殊なネジで止まっているため、専用のドライバーを用意する必要があります。ホームセンターには売っていないので、ネットで買うしかありません。ほかの道具で開けるのは難しいです。

1000円ほどで購入できます。

電池はCR2032というボタン電池です。100均で買えます。

セロテープは、電池をくっつけるときに使います。

スーファミカセットを専用ドライバーで開ける

カセットの右下と左下が特殊なネジで止まっています。

専用ドライバーで開けてみましょう。

基盤を裏返すと電池があります。

電池交換

電池を外します。小さめのマイナスドライバーを使って、てこの原理で外すのがやりやすかったです。

新しい電池を取り付けます。

けっこう、しっかりめに貼り付けます。

カセットのネジは、強めに閉める

元に戻します。ネジはしっかり閉めないとダメです!

写りました。ちゃんとセーブデータも残っています。

電池交換に自信がなければ、使わないカセットで一度練習してみてください。すごく簡単にできることが分かると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました