築45年の家を解体したら、柱が腐っていた

住宅

築45年の家を新築そっくりにリフォームするため、自宅を骨組みだけに解体しました。

解体するとわかるのですが、筋交いが全然足りません。

というか、ほぼ入っていません。

柱は、まあまあきれいです。

断熱材は全く入っていません。

どおりで冬、寒いわけです。

窓も押し入れの中も半端なく結露します。

やっぱり柱が足りない…

地震や大雪でつぶれてもおかしくないです。

玄関前は。柱が腐っていました。

これはヤバいですね…

築45年ともなると、シロアリに食われててもおかしくないのですが、シロアリ被害は確認できませんでした。

リフォームで柱を足します。

かなりの本数足しました

重要なところに柱追加。

筋交いも追加。

金物でガチガチに固めます。

断熱材を入れていきます。

グラスウールです。

グラスウールは壁の中で結露して下がる、という営業がいますが、誤りです。

もし、住宅営業などでグラスウールを否定する人がいたら、知識不足か、もしくは何か裏があると考えてよいです。

グラスウールの厚み、密度、壁の中の結露対策をしっかりすれば下がることはありません。

床下にも断熱材追加。

配線も追加です。

新築そっくりにリフォームする際、壁をはがしてみないとわからないことが多いです。

私の家の玄関先にみたいに腐っているかもしれません。

新築そっくりリフォームは、新築住宅の価格の9掛けくらいだと思います。

しっかりリフォームをすれば耐震性と断熱性は確保できると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました