ギャンブル運を上げる方法

FX

「悪魔の方法」

と言っても言い過ぎでは
ないと思います。

それくらい非道徳な方法です。

トイレ掃除をしろとか、
自分を磨けとか
そんな「かーちゃんの小言」
レベルの話ではありません。

トイレ掃除をすること、
自分を磨くことに意味がないと
言っているのではありません。

根本はそこじゃないですよ、
ということが言いたいのです。

神に祈れとか、
宇宙の声を聞けとか
そんな壮大なスケールの話でも
ありません。

「思考は現実化するんだ!」みたいな、
胡散臭いビジネス本丸写しの
考え方でもありません。

プロスペクト理論や損失回避、
大数の法則、ポートフォリオ理論など、
小難しい学問の話でもありません。

運を劇烈に上げる方法は、
私の知識と経験に基づいた
具体的なやり方・考え方です。

どうすれば弱運から強運に
クラスチェンジできるかについて、
ステップバイステップで、
できる限り分かりやすく説明します。

■確率分母内で大当りを引けない
■50%の確変抽選をことごとく外す
■たまに当たっても3連が限界
■スロは設定6確定で負け
■麻雀の配牌は両面ターツなし
■クソ配牌、裏目ツモの無限ループ
■三面チャン立直が辺チャンに負ける
■大事な商談で失敗
■競合負けはあたりまえ
■聞いてないときに限って当てられる
■自信満々で発言したときは必ず間違える
■スマホ、財布、カギをいつもなくす
■大切な予定の日は必ず雨
■チャンスボールで棒立ち
■自分の分だけプリントが足りない
■テストの日に限って寝坊
■口を開けたら高確率で虫が入ってくる
■鉛筆を削ってもすぐ折れる
■宝くじが当たらない

これは、昔の私のことです。

過去の私のような勝てないパチンカスは、
きっとあらゆる方面で隙のない弱運を
見せつけていることでしょう。

負けグセが染みついており、
ここぞという勝負ではだいたい負け、
悪い予感だけは的中させ、失敗続き、
挙句は、濡れ衣を着せられて悪者扱い。

「なんでオレだけ…」

こう思ったのは、
一度や二度ではありません。

努力をしていない
つもりはありません。

むしろ結構、
がんばってたんじゃないでしょうか。

ただ、たとえるなら、

イオナズンを唱えたくて
必死でレベルを上げ、
ようやく覚えて、
いざ唱えようとしたら
MPが1足りなかった。

こんなイメージです。

「MP見てなかった
おめーが悪いんだろ?」

って言われてしまえば、
そうなんですけど、
運が良ければイオナズンを唱えることが
できていたわけでして、

なんでオレはそっちを引けないのかなぁ
っていつも考えていました。

私が変わったのは、
こう考えた時からでした。

「人生は100%運である」

もういい加減、認めてください。

人生は100%、否、120%「運」である、
ということを。

「いやいや、実力が20%くらいは
あるでしょ?」

と思うかもしれません。

が、それは間違いです。

容姿、頭の良さ、身長、
痩せているか太っているか、性格、
親が金持ちか貧乏か、病気、事故など、
人間一人の力ではどうすることもできません。

「運=実力」である、と
「強運の法則」の著者である西村文郎さんは、
そう言いました。

私は、この意見については賛成します。

では、「運」とはどういうものでしょうか。

天運、地運、人運。

運は3つに分かれるという考え方を
20年間無敗の雀鬼、桜井章一さんが
その著書で述べていました。

瀬戸内寂聴さんも
同じようなことを言っています。

しっくりくる考え方だと思います。

天運:生まれつきの変えられない運。
地運:土地や生活環境から影響を受ける運。
人運:人の力によってもたらされる運。

今回は「人運」に絞って
説明したいと思います。

人運、その中でも特に勝負運は、
ある程度コントロールできます。

パチンコやスロット、麻雀、ビジネスなど、
すべては勝負事です。

勝たなきゃおもしろくない。

「勝とうと思うな」

などという悟りの境地で、
モノを言うことができる人は、すべて
「絶対勝つ」とどん欲に勝利を目指し、
結果、勝ってきた人「だけ」です。

20年間無敗の桜井章一しかり、
孫正義しかり、どっかの偉い人しかり。

確固たる勝利の意志のない人に
勝負運など来ないのです。

人運には、たいへん重要な
4つの特徴があります。

①人運は人からもらうことができる
②人運は人にあげることができる
③人運はひとりで増やすことができない
④人運を使えば減る

勝負運に言い換えるとこうなります。

①勝負運は人から奪うことができる
②勝負運は人に奪われることがある
③勝負運はひとりで増やすことができない
④勝負運を使えば減る

ここで押さえるべきことは、

人運(勝負運)増やすには人からもらう

ないしは、

「奪う」

しかないということです。

「みんな朝一大当り連発してるのに、
なんでオレだけハマるんだ!」

という経験があると思います。

その理由は簡単です。

「あなたが当たらないから、
他の人が当たる」

んです。

あなたの運が、ごっそり他の人に
流れていることを意味します。

麻雀でアタリ牌を見逃したとします。

そしたらほかの3人の上がる確率は
高まりますよね。

レギュラーがけがをしたら、
あなたがスタメンで起用される
確率が上がります。

単純な話であり、これが基本です。

雀聖、阿佐田哲也は

「勝つためには、自分にツキを
引っ張り込まねばならない」

と言いました。

完全に同意します。

ー--------------
こちらの運量が10ならば、
相手の運量も10。

この運比率をまずは
11対9にすることである。

相手の運量を減らすには、
相手にエラーさせることである。

by 阿佐田哲也
ー--------------

勝負運は、自分の力で
つかむことはできません。

もらうというか、奪うというか、
選ばれてくるというか、
そんな感じです。

今から説明する、
万年負け組の弱運パチンカスから、
強運ギャンブラーになるための2つの極意。

これは誠実な生き方をしていた人には、
もしかしたら抵抗があるかもしれません。

でも、世の中でいわゆる勝ち組と
言われている人たちはみんな、
例外なくこの方法で
成り上がっているのです。

ー--------------
万年負け組の弱運パチンカスから、
強運ギャンブラーになるための2つの極意

①落伍者をつくる(見つける)
②エラーを待つ
③運に選ばれる
ー--------------

少し解説します。

①について。

パチンコ屋を見渡せば、

朝一から1000ハマり食らってるあんちゃん

大枚突っ込んで
自暴自棄になっているおっさん

当たってるのに、7が揃えられなくて
イライラしてるおじいちゃん

など落伍者はすぐに見つかると思います。

迷わず隣に座って売ってください。

重要なのは、
自分が落伍者にならないことです。

リーチアクションに一喜一憂せず、
打つべきところに打ち、
止めるべきタイミングでしっかり止める。

常に姿勢正しく、
ハマってもポーカーフェイスで、
台パンなどもってのほかです。

あっという間に、
自分が落伍者になる可能性がある
ということを肝に銘じること。

②について。

「相手にエラーさせる」

これは難しいと思います。

相手の足を引っ張るような行為をすると、
自分もタイムリーエラーをすることが多く、
逆に不運に見舞われます。

当然、嫌われますしね。

だから、そういうことはしない。

正解は、「相手のエラーを待つ」です。

桜井章一は、

「真剣勝負においては、
水を張った洗面器に顔を突っ込み、
最初に顔を上げたやつが負ける」

と言っています。

エラーせず、じっと我慢する。

そのために、たとえばパチンコでは、
いい台があくまでじっと
待たなければいけませんし、

麻雀やビジネスであれば、
じっと耐えて待てるだけの
実力は必要になります。

「運を上げるには努力しろ!」

という主張は、そういう意味では
おおむね正しいと言わざるを得ません。

③について。

運に選ばれたときに
やってはいけないことが2つ。

遠慮してしまうこと。

そして、調子に乗ることです。

せっかく運に選ばれたのに
遠慮してしまうと、
そこそこで終わってしまいます。

自分に流れが来たと感じたら、
徹底的に走ってください。

将棋の羽生善治は、本流に乗り、
一気に7冠を達成しました。

遠慮することはありません。

でも、決して調子に乗らないでください。

調子に乗ってカッコつけたりすると、
あっという間に運は他人に奪われ、
落伍者の仲間入りです。

以上が弱運を強運に変える悪魔の方法です。

この「悪魔の方法」を実践すれば、
きっと、確率分母以上で
アタリを引くことができるように
なるでしょう。

「絶対勝つ」という強い意志と
「冷静な頭」を持ち、今日限りで
弱運人生を卒業してください。

運 は 見 え な い 

だ か ら 感 じ ろ 

・・・

・・・

・・・

最後に一つ、どうしても
言っておきたいことがあります。

それは、

人運は与えることができる

ということです。

ぜひ積極的に、
人に与えてほしいと思います。

赤ちゃんは笑顔になることで、
だっこというお母さんのぬくもりを
得ています。

交差点で前の車に
道を譲ってあげることで
すがすがしい気分になります。

親切にすると相手は笑顔になり、
それによって自分の脳にはドーパミンが流れ、
満足感が得られます。

いつも感謝の気持ちを持つことで
心がポジティブになります。

人運を人に与えることで、
人生が豊かになります。

私は、大ピンチのときでも
人に一定の気遣いと
感謝の気持ちを持てる人が
強運に恵まれると信じおり、

そうありたいと心から思っています。

ぜひ、運を人に与えてください。

そんな優しい人が、私は好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました