サンダーV(4号機)左7狙いの打ち方詳細 リーチ目とスイカ取りこぼし目

ギャンブル

サンダーV(4号機)通常時の打ち方

初代サンダーV(4号機)の打ち方は、左リール7狙いにつきます。

1,左枠上or上段に7
2,中リールはリプ付きの7を枠内
3,右枠内V

※リプレイハズシ

左7狙いの打ち方は、美しいリーチ目がいっぱい見れるし、ビタ押しも不要なのでオススメです。

ただ、ボーナスはリーチ目だけではなく、スイカ対応フラッシュ+小役否定の形で察知することも多いです。初代サンダーVはのーなす成立時に必ずリーチ目が出るというわけではありません。通常時にも見かける出目でボーナスが入っていたということもよくあります。

ですから、スイカ取りこぼしの形とスイカ否定の形をしっかりと覚えておけば、リーチ目だけでなくフラッシュによるボーナス成立も楽しめるというわけです。

初代サンダーVは、それぞれの小役に対応したフラッシュが用意されていて、対応のフラッシュが出たのに小役がそろっていなければボーナス確定という仕様です。

■チェリー…横一文字
■リプレイ…五月雨
■ベル…グルグル
■スイカ…池ポチャ、V、落雷

このうち、リプレイとベルは目押ししなくても成立すれば揃ってくれますし、チェリーもしっかり狙ってれば取りこぼすことは少ないと思うので気にしなくてOK。

問題はスイカです。

リーチ目とスイカ取りこぼし濃厚出目

スイカのテンパイラインに、左VベルBAR下のリプレイ。これがスイカ取りこぼしの基本形です。

まずは、私が最もよく見たスイカ取りこぼし目からご紹介します。

スイカ取りこぼし

順押しでベルスイカが下段ダブルテンパイ、これは小役確定の形です。小役ハズレはボーナスなので慎重に右枠内にV狙ったつもりが早すぎて枠上停止。なんとも情けないスイカ取りこぼし目です。池ポチャフラッシュならあきらめもつきますが、こんな時に限って落雷スペシャルだったりするので腹が立ちます。逆にリーチ目はすこぶる美しいです。

リーチ目

ベルスイカ上段ダブルテンパイの場合の取りこぼし出目がこちら。

スイカ取りこぼし

これでしっかりスイカ取りこぼしです。

リーチ目

中段スイカテンパイは、誰もが知ってるスイカ確定出目。狙ってはずれればもちろんボーナス。

…が、出てしまうんですね、スイカこぼし目が。

スイカ取りこぼし

Vを狙ってハズしてるあたりが恥ずかしいったらありゃしません。

右リールをうっかり適当打ちしちゃったときのスイカこぼし目がこれです。

スイカ取りこぼし

右ゲチェナの威勢はいいのですが、悲しいことにスイカこぼし目です。

リーチ目

さらに中リールも適当打ちしたときに出るスイカこぼし目がこちら。

スイカ取りこぼし

リーチ目と言ってもおかしくないくらい美しいですが、スイカを取りこぼしてるんですよね。ボーっと打っている罰です。

ハサミ打ちのときによくお目にかかるスイカ取りこぼし目は、中段上チェリー7とVを押してしまった時に現れます。スイカテンパイしてるところにリプレイが来たらスイカ取りこぼし濃厚です。

スイカ取りこぼし
スイカ取りこぼし

中リール真ん中Vは危険で、こんな形もスイカ取りこぼしです。

スイカ取りこぼし

ちなみにこちらはリーチ目。

リーチ目
リーチ目

ハサミ打ちからのベルスイカダブルクロステンパイのときは、中段V、上チェリー7、BARがスイカ取りこぼしとなります。

スイカ取りこぼし
スイカ取りこぼし
スイカ取りこぼし

場るスイカクロステンパイ時のリーチ目はきれいな形になります。

リーチ目
リーチ目

ハサミ打ちで、ベルリプスイカのトリプルテンパイ時のスイカ取りこぼし目にもVと上チェリー7が絡んできます。池ポチャフラッシュ付きでスイカ取りこぼしです。

スイカ取りこぼし
スイカ取りこぼし

トリプルテンパイ時のリーチ目は、ベルの大三角です。

リーチ目

油断していると、左リールでやられてしまうこともあります。

スイカ取りこぼし

左上段BARビタだと、スイカ成立時にスイカを引き込んでくれません。左がこの形で最後にスイカ対応フラッシュの場合、たいていがスイカ取りこぼしです。

スイカ取りこぼしではない出目

中リールスイカの目押しに自信がないと、スイカ取りこぼしかどうかの判断に迷うことがあります。以下の出目はスイカの可能性がない出目なので覚えておくとよいと思います。

スイカ取りこぼしではない
スイカ取りこぼしではない

また、2リール停止時点でスイカテンパイしていなければ、スイカの可能性はゼロです。予告音が絡んでいると美しいリーチ目を拝めるかもしれません。

リーチ目

初代サンダーVには、何の小役も成立していない完全ハズレ目があります。やめるときは子の出目を確認してから辞めるのが確実です。

完全ハズレ目
完全ハズレ目

初代サンダーV(4号機)は、スイカを取りこぼすからこそ面白いと言っても過言ではありません。

何度もスイカを取りこぼすからこそ、目押しができたときに見ることができるリーチ目の美しさが分かるのです。

初代サンダーを打つのであれば、ぜひ思い切ってスイカを取りこぼしてください。

悔しさの先に感動があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました