行政書士

行政書士

社内提出用「始末書」文例(交通事故)

始末書は書く機会も少なくなじみの薄いものです。 いざ書くとなるとどういう風に書いたら良いか困るし、上司に聞くにしても気が引ける... そんなあなたのための始末書文例です。 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎です。 そのまま使える会...
行政書士

社内提出用「始末書」文例(無断欠勤)

これまでに何度も始末書を書いてきました。 ちなみに、始末書より程度の軽いものは念書となります。 書く内容は始末書といっしょです。 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎でございます。 そのまま使える会社提出用の始末書文例、今回は「無断...
行政書士

社内提出用「始末書」文例(遅刻)

始末書は、過失や失敗によって相手方に迷惑や不利益が生じたときに、 自分の反省や二度とこのようなことを起こさないという強い気持ちを文書で示すときに書くものです。 会社内では、口で言えば済む話なのかもしれませんが、当事者に強く自覚を促すためには...
行政書士

飲食店のキャンセル料、払わないとどうなるか?

「飲食店の予約をドタキャンしたら キャンセル料を請求されました。 払わないとどうなりますか?」 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎です。 ドタキャンでキャンセル料を払わなかったとしても、店側が泣き寝入りし、特に何もないことが多いで...
行政書士

隣地との境界杭がない!?土地境界杭・境界プレートの入れ方

「隣地との境界杭がなくて、 境界線がどうもはっきりしません。」 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎です。 相続で土地を取得した際、隣地境界がはっきりしない場合があります。 境界杭が取れてしまった場合や、山林などで境界ポイントがない...
行政書士

子どもへのいじめをやめさせる方法

「いじめられていて恥ずかしい...」 これがいじめられている子どもの気持ちです。 子どもがいじめられている場合、保護者は一刻も早く助けてあげなくてはいけません。 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎です。 今回は子どもにへのいじめを...
行政書士

失敗しない弁護士の選び方

「弁護士に頼んだら高くつきそう...」 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎でございます。 法的な問題に巻き込まれても、弁護士に頼むのは敷居が高くて二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。 今回は、失敗しない弁護士の選び方...
行政書士

借金を踏み倒す手口

世の中には友人や知人から金を借り、そのまま平気で踏み倒してしまうタチの悪い人もいます。 こんにちは。行政書士の太田哲郎です。 最初から約束の期限に返済する気がないにもかかわらず、 人から借金をするのは、詐欺罪(刑法二四六条)に当たりますので...
行政書士

野良猫に餌をやる人への警告書 文例

「野良猫がおなかをすかせていて かわいそう...」 こんにちは。行政書士の太田哲郎です。 私自身も自宅の裏に野良猫が糞尿をしていくので、いつもその処分に困っています。 野良猫の多くは、もとはと言えば飼い主である人間から捨てられたもので、 餌...
行政書士

隣家から「日当たりが悪くなった!」というクレームへの対応

「日当たりが悪くなった! どうしてくれるんだ!」 こんにちは。福井県福井市の行政書士、太田哲郎です。 日当たりについて新築中に隣家からクレームが入るというのはよくある話です。 住宅・不動産の現場ではこのようなクレームは日常茶飯事です。 明ら...