実務

実務 実務
副業

生き残る行政書士 6つの特徴

開業しても9割が3年以内に廃業すると言われている行政書士ですが、しっかりと生き残って稼いでいる人も多くいます。 今回は、生き残る行政書士の特徴を5つご紹介したいと思います。 副業行政書士 本業でしっかりと稼いでおり、副業...
実務

行政書士が「3年以内に廃業する確率9割」は多分本当である

独立開業した行政書士の9割は3年以内に廃業するというデータがあるらしいですが、 実際に開業して行政書士をやっている身としては、あながちウソとも言い切れないなぁというのが正直な肌感覚です。 行政書士試験に合格しても、当然ですが実...
実務

行背書士は平日夜と土日が仕事である

行政書士は、土日祝日こそが仕事である、と言っても過言ではありません。 行政書士の仕事の中で、おそらくもっとも重要であるお客様との面談。 お客様の本音をしっかりヒアリングし、ベストな提案をするためには、仕事のことで頭がいっぱいな...
実務

行政書士の建設業許可申請業務 確認ポイント

私が実務のときに使っているガチのやつです。 建設業許可は、準備しなければならない書類が多いわけですが、その大半はお客様に確認したり、お客様にご準備いただいたり、 ということで、何かとご協力いただかなければ作成ができません。 ...
実務

行政書士が知っておくべき「権利義務に関する書類」

行政書士が作成する「権利義務に関する書類」で代表的なものと言えば 「売買契約書」「遺産分割協議書」「離婚協議書」 などですが、実は他にも様々な書類があります。 今回は、行政書士が作成できるいろんな「権利義務に関する書類」...
実務

CAD図面作成ができる行政書士は強い

CAD図面作成ができない行政書士が多いのはとても残念なことです。 行政書士のメイン業務である許認可申請において、図面作成が必要なものは意外と多くあります。 自動車関連業務では車庫証明、 飲食店の営業許可における施設の図面...
実務

【必修】行政書士が実務を学ぶべき「4つの専門分野」

行政書士の4大専門分野 ①建設業②相続・遺言③自動車⑤企業支援 「行政書士は食えない」 と言われるのは当然のことだと思います。 行政書士には、弁護士や司法書士のように登録前に実務を学ぶ機会がありません。 登録して...
副業

みんなつまづく!行政書士の開業準備

行政書士 開業準備まとめ ①事務所を確保する②日本行政書士会連合会に登録②パソコンを買う③業務用複合機を買う④職印を買う⑤入会費(約30万円)を納入⑥開業届を出す⑦名刺を作る 行政書士試験に合格しても、日本行政書士会連合会に登録し...
実務

建設業許可(知事・一般) 行政書士実務の手順

建設業許可を取りたいお客様との初回面談時に確認すべきことは、 ①どの業種の建設業許可が欲しいのか?②建設業許可の要件を満たしているか?③代表者及び本店の確認 です。 ①建設業許可 業種確認 ①については、電気屋さん...
副業

建設業許可申請で行政書士がヒアリングすべき10項目

建設業許可申請書を作成するにあたって、行政書士がお客様から事前にヒアリングすべきことをまとめました。 1、なぜ建設業許可が必要なのか? 公共事業に入りたい、元請けから許可を取るように言われた など、お客様が許可を必要とす...
タイトルとURLをコピーしました