売るためのセールス文章テクニック

セールス

セールス文章 構成の基本

まず全体の構成を考えて、書き出しを決めます。

  1. 一番の特徴
  2. 特徴の理由
  3. だからすごい
  4. お客様の声

相手が関心を引く事柄をピックアップし、読みたい意識を植え付けます。一番の特徴を書き出しに持ってこなければいけません。 素人には何がすごいのか分かりづらい特徴は避けます。

商品の特徴・アピールポイントは、他の商品との差別化になるのかを考えます。ライバル商品と比べてここが違うとはっきり言えるものを選ぶ必要があります。相手に伝わりやすいポイントを見つけるましょう。

特徴を目にしたら、相手は次に「なぜ」と思いますので理由を語ります。

相手の心の動きをしっかりフォローした構成にするのが大事です。

たとえば、限定30個、なぜ30個しか作れないのか解説、だから美味しい、お客様のコメント、という順番になります。

○○○○にこだわっているため、○○個しか作ることのできない〇〇〇です。

○○○○する独自の方法は、昔から引き継がれている伝統の方法です。

この手間ひまかけた○○○○によって○○○○した瞬間に広がる○○感と○○○○が○○○○をより一層引き立ててくれるのです。

今までお客様から頂いたコメントの中で一番多かったのが「○○○○○○○○」という感想。

○○○○の常識を超えた「本家○○○○」をぜひ○○ください。

一番の特徴が見つからなければ、書き出しは結論から書いていきます。

出だしはシンプルにします。強引に魅力を捜索する必要はありません。

結論を書いた後に商品の魅力を記述していきます。

文章の書き出しで惹きつけるために、はっとするような書き出しで読み手の心をつかむことを心がけるましょう。「 」で会話から入るのもよいです。

特徴のほか、キャンペーンやセールなどの主張にも、理由をわかりやすく伝えることを加えるのも重要です。

「うわぁ、なんだ!この○○○!?」

おそらく、ほとんどの人がこの○○○を○○した時に言うセリフだと思います。

最初に行ってしまいますが、この○○○を○○したら、まず他の○○○は○○できなくなります。○○の一流○○で○○されている高級○○ですから、市販の○○と○○が全く違うんです!

とにかく一度騙されたと思ってこの○○○を○○してみてください!

もし「いつもと同じ○○○じゃん!」「ぜんぜん普通の○○○と変わらないよ)ということであれば、○○〇屋のメンツにかけて、全額返金させていただきます!

○○の弱い○○や○○にも喜ばれる、高級○○○。一度お試しください!

文章は短く!

セールス文章は、カタログの文章を読み解いて。短く自分の言葉で書きましょう。

○○〇の○○として採用された、特殊○○を使用して、新しい○○〇を作りました。

通常の○○〇と違い、適度な○○性を持っており、○○○○に応じて適度に○○してれます。

○○すぎず○○すぎない○○なので、○○〇の不具合による○○や○○から解放されて、信じられないほどの○○な○○を約束してくれます。

「しっかり」「頑張って」などの強調表現は効果がないので削除しても問題ありません。

文章を短くした時に冷たい感じが出てしまうのであれば感情の入った言葉を手短に入れてあげるとよいです。「新たな気持ちでまた頑張ります」など です。

○○を新しく○○するときは、できるだけ出費を抑えたいものです。

○○では、お客様の予算や要望にお応えして、最適な○○をご提案させていただきます。

取扱商品は、当社オリジナル○○と一流メーカーの○○となります。

メンテナンスした高品質な商品ばかりなので、安心料金でワンランク上の○○のプランをご提案できます。

ストーリー性

○○に昔から語り継がれている○○〇という○○があります。

この○○がなぜ、○○と言われるのか?

○○の○○たちが、○○にならないように○○○○するという風習があり、いつしか「○○〇○○」というように、○○の間で語り継がれるようになりました。

現在、○○○は、環境の変化により、○○のごく一部の○○でしか目にすることができません。しかしその〇○○が持つ○○や○○、○○の豊富さは大学や研究機関でも証明済み。

○○〇を○○することで、○○に○○が出て○○○○を一般家庭でも生み出すことができるのです。

一見、商品価値がないようなものは、画像を見せただけでは、その魅力は伝わりません。「なぜその商品を買うのか?」を考えながらストーリー性で文章を構築しましょう。

ウリ文句

「なぜその商品を買うのか?」を考えていくと、商品の売りにつながっていることが分かります。

文章を書く前に「商品特徴・アピールポイントのリストアップ」をしましょう。様々な角度から、ウリを洗い出していきます。その中で、一番引き付けるウリをピックアップしていくことが重要です。

セールス文章を書く上でのタブーは、「商品説明」だけの安易な文章です。

「~が特徴です」などの説明文を本文に多く盛り込んでしまうとカタログを読んでいる気分になり、一気に興ざめしてしまいます。特徴を表現する文章は必要最小限にとどめ、本文には欲しいと思わせる文章を書くようにしましょう。

欲しいと思わせるには手に入れた後の生活の変化、気分の変化をきっちり書くことです。これがウリになります。

売り手側の商品に対する自信を文章中ににじませることも大切です。「とにかく使いやすいの一言!」など相手の欲しいという気持ちを沸き立たせるのがポイントです。「表情が明るくなった」「毎日、鏡を見るのが楽しい」という言葉もポジティブでうまい伝え方です。

○○で見つけた〇○○です。

私も一つ持っているのですが、「とにかく○○○○」の一言!

○○○○すれば○○○になって○○できるし、いざ○○○○してもデザインが○○○だから、どんな○○○○にもピッタリ。

○○や○○でもいいけど、こういうちょっとしたアイテムで○○感を出したいところですよね。

○○をモチーフにした色鮮やかな○○調のデザインは、○○○○しているだけで○○の○○な気分にさせてくれますよ!

差別化

他の商品と差別化できるフレーズを使いましょう。

たとえば、クオリティの高さを訴えるときなど、「高級感」「高レベル」「上品」など、ありきたりな表現を使ってしまいがちです。しかし、これらのありきたりな表現では、お客様の購買意欲を高めることはできません。「存在感のあるシックな雰囲気が漂う」「その○○でしか表現できない艶やかな光沢を持ち始めます」「世の中で二つとない風合い」など、独特の表現に言い換えましょう。

高所得者層には「いかに貴重な時間が過ごせるか」というところをポイントに置いてみるのもよいです。貴重な時間と空間ステータスが得られるということを伝えることが重要です。ありきたりな表現、「間違いなし」「リピーター」などは、かえって安っぽく聞こえます。

専門であればあるほど、商品は強さを発揮します。自分ならではの提案をすることが差別化につながります。自分では大したことがないと思うことも他人にはすごいと思うことが多いものです。

せっかくの新機能であっても、新機能搭載という言葉自体は、文脈の中で比較対象となるものが示されていなければ何の効果もありません。従来までの商品はどうだったのかが提示されていない以上、相手は欲しいと思いません。

○○○○○○は、体にとてもよくないことをご存じでしたか?

○○機能を低下させて、○○や○○を引き起こして、長期にわたる○○〇の原因になります。

「でも、○○○○○○しなきゃ○○○○できない…」そういう人のために登場したのが、○○〇に○○機能が付いた「○○」。特殊開発された機能により常に○○○が○○されて、○○○○○○しなくても○○○○を保つことができます。

○○○の女性や○○〇で困っている方は是非一度お試しください。○○代の節約にもなりますよ。

また、何かと比較することによっても差別化ができます。たとえば、今のライフスタイルを否定し、新しいライフスタイルを提案することによる差別化などがあります。お客様がその商品を使っているイメージを膨らませ、頭の中で、明確に「使っている状況」を思い描けるようにしてあげましょう。リアル感を持たせる必要があります。

希少性

商品をアピールする場合、希少性は重要ですが本当に希少価値の高いものは意外と少ないです。いかに希少性があるか具体性のある文章で表現することが重要です。

注目の○○○、「(商品名等)」が、○○の○○から新しい○○〇を発信!

まずはこの〇○○で注目度バツグンの○○○○をご覧あれ!

○○○」は○○○に拠点を置く○○○○で○○だった経歴もあり温かみのある○○〇は○○で小さなブームを起こしつつある、注目の○○○なんです。

今回は○○初上陸で、いきなり○○○○!○○○○の運びとなりました。

全ての商品が優れているわけではありません。

弱点をポジティブに変換すれば価値となります。

泣き虫→感情豊か、人に頼る→相談するコミュニケーション力がある、仕事が遅い→じっくり取り組むなど。弱点を弱点だと認めずあらゆる方向からポジティブな言葉を見つけてセールスポイントに置き換え良さをアピールすることで希少性が生まれます。

男性向け・女性向けの文章

男性向けのファッションやインテリアの紹介はできるだけ女性の存在をちらつかせることがポイントです。女性に大人気、プレゼントに重宝、など女性を意識した1文を入れておきましょう。また、男性はデザインやカタチよりもウンチクを重視する傾向にあります。しつこくならない程度に盛り込みましょう。

女性は、女性から「かわいい~」と言われた方がステータスが高まります。「新入荷」などのフレーズが有効です。また、機能的なこと、デザインやカタチのような抽象的な話が好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました