FXは投資である

FX

投資の目的

投資の目的 → 投資に勝つこと

漠然とした話に聞こえるかもしれませんが、多くの投資家がここを疎かにすることによって、投資の勝利から遠ざかってしまいます。大事なのは、投資というのはあくまでも余剰資金で行うということです。生活費の大半をつぎ込むとか預貯金のうちの大半を投資することはリスクを伴います。ある程度を少なくなっても余裕で見ていられるという程度で投資をすべきです。どれぐらいの金額が投資に向いてるのかという計算式があります。

投資金額 % = 100 - 自分の年齢 

例えば四十歳であれば100引く40答えは60、その人の持っている金融資産の60%は投資に向かわせてもいいということになります。ポイントは年齢が上がるにつれて投資に向かわせる金額を少しずつ抑えていくということです。これはもし万が一損した場合に取り返す時間が年を重ねるごとに少なくなってくるからです。ただ、人によって持っているお金の量が違いますので、目安としては夜寝る時にぐっすり寝れる金額かどうか、で判断してもよいと思います。夜ぐっすり寝れるのであれば適切な投資金額ということでしょう。明日暴落したらどうしようとドキドキしてしまって寝れないような金額は、資産運用に適したお金の量ではないということです。

そしてもう一つ確認すべきは投資における勝利とは一体何なのかということです。投資を勉強してちょっと経済をかじってくるとついつい経済について語りたくなってきます。しかし、あなたにとって何が目的なのか、それは投資に勝つことになるわけで経済を語ることではありません。投資に勝つというのは、安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す、これをしっかりできるかどうかというのがポイントですので、何が目的なのかしっかりと明確にしておきましょう。投資をすることによって良いこともあります。お金やモノの流れを把握することによって社会の理解が深まっていく、これは投資の副産物です。が、あくまでも副産物であって投資の目的はあくまで安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す、これだけです。

投資に勝つ → 安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す

投資の世界にはファンダメンタルズ分析というものとテクニカル分析というものあります。ファンダメンタルズ分析にて経済がどうなっているのかというその状況を把握するのかこれは投資における基本としては大事な点です。その次に経済を踏まえて今が買い時なのか売り時なのかをしっかり価格の分析をしていくこのテクニカル分析も大事です。しかし、投資における最大のポイントは、分析を踏まえて、最終的に自分が納得ができる決断ができるかどうか、です。

  1. 私利私欲を捨てること
  2. 数学的・科学的根拠に基づいて分析すること
  3. 不利な状況でも辛抱できる体力を持っておくこと
  4. リスク管理をすること

投資に勝つためには、まずは私利私欲を捨てること、俯瞰してみることです。相場の中にぐっと入り込むんじゃなくて相場というものを俯瞰してみることによって見えてこないものも冷静に見えてきます。

次に、数学的科学的根拠に基づいて分析をすることです。確率的なもの、科学的な根拠に基づいてしっかり分析するということが大事です。

そして、不利な状況でも辛抱できる体力を持っておくことです。投資もギャンブルも自分の思うとおりにならないことがあります。そんなときでもしっかりと辛抱できる体力を持っておきましょう。

最後にリスク管理です。価格が変動すると、いい時はいいんですが下がってきた場合には慌ててしまいますし、何より自分の財産が減っていくのを見るのはとても辛いです。夜ぐっすり寝れる適切な金額で投資に臨むのがとても重要です。

FX
行政書士 太田哲郎のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました