パンチのきいたほめ方 6つのコツ

心理学

どうせほめるなら、
パンチのきいたほめ方をしたい!

そんなあなたに、とっておきの
ほめ方のコツ、伝授します。

デール・カーネギーは、
その著書「人を動かす」で
こう述べています。

「人をやる気にさせるには
 叱咤するよりも、
 勇気をもってほめることだ」

パッと見どころか、
それなりに長く付き合っていても
一向にほめるところが見つからない人、

あなたの周りに一人や二人、
いるのではないでしょうか。

ネガティブで積極性&想像力が
著しく欠如しており、すぐあきらめたり、
苦手なものから遠ざかるような
性格ブスな彼や彼女。

このようないわゆる
「ブス」をほめられるか否かが
人間力というものです。

ほめるためには、
そんな性格ブスの彼や彼女に興味を持ち、
相手のことをよく観察すること。

これが何より大切なことです。

人をほめる効果は、
相手を気持ちよくさせるだけでは
ありません。

ほめた相手はたいていの場合、
あなたに友好的な態度を示すので、
必ず味方になってくれます。

人に愛され、
世の中をうまくわたっていくために、
ほめ方の基本をぜひ会得してください。

1,ウソはつかない

歯の浮くようなお世辞は逆効果です。

逆に相手を悲しませることにも
なりかねません。

相手のコンプレックスと
正面から向き合った努力の裏側にある
本当の魅力をほめることだけが
相手を笑顔にさせる力があるのです。

しっかりと相手に興味を持ち
観察してください。

ほめ言葉に気持ちが入っているのと
いないのとでは、伝わり方が
全然違ってきます。

おすすめフレーズ

「昔ちょっとヤンチャしてたっぽい!」
「存在感があるよね!」
「絶対、いいパパになりそう!」

2、ギャップを見つける

デブなのに○○、
ギャルなのに○○など、
相手のギャップを見つけられたら、
それはほめる絶好のチャンスです。

ぜひ探してみましょう。

当たり前のことでも、
ギャップが大きければ大きいほど、
それは、ほめポイントに早変わりします。

おすすめフレーズ

「箸の持ち方きれいだよね!」
「性格のよさが顔に出てるよね!」
「それ、映画にできますよ!」

おすすめフレーズ

「箸の持ち方きれいだよね!」
「性格のよさが顔に出てるよね!」
「それ、映画にできますよ!」

3,長所に気づかせてあげる

もっと伸ばせば長所になるのに!
という薄い特徴こそ、
積極的にほめるべきです。

言われた本人が自覚することによって、
「よーし、がんばっちゃうぞ!」
と前向きな気持ちになるはずです。

おすすめフレーズ

「それ何でもっと自慢しないの!?」
「性格的にウソつくのは
 無理そうだよね!」

4、意外な視点

一番効果的なのは、

「まさかほめられるとは
 思っていなかった人から、
 自分がほめられるとは
 思っていなかったところを突く」

ことです。

この見極めはたいへん重要です。

相手に興味を持ち、
つぶさに観察しないと
急所を突くことはできません。

おすすめフレーズ

「伸びしろ、めっちゃあると思うよ!」
「1冊本書けちゃうよ!」
「意外と実は繊細ですよね!」

5、不意にほめる

お祝いの席でほめるのは当たり前、
険悪なムードのときは、その場しのぎと
思われてしまいます。

ほめるのは、ほめる必要のないときが
最も効果的です。

不意に、スッと差し込みましょう。

時間帯は、分かれる少し前が
よいです。

今日のまとめとして
相手をほめることで、
あなたのことが印象に
残りやすくなります。

おすすめフレーズ

「結局いつもキーマンになるよね!」
「周りで一番10年後が楽しみな人!」
「実は、人が求めること、
 すごくわかってるでしょ?」

6,枕詞

いきなりほめ言葉を伝えると、
聞き逃されたり、
真剣に受け止めてもらえなかったり
してしまいます。

「前から思ってたけど」
「なんだかんだ言って」
「それにしても」

など、ほめ言葉の前にひとこと伝え、
聞いてもらうフィールドを作りましょう。

おすすめフレーズ

「文句言う割に
 ちゃんと見ててくれるよね!」
「一匹狼が似合いそう!」
「チェーン店とか似あわないですよね!」

・・・

ほめるのは、最初は
恥ずかしいかもしれません。

でも躊躇は無用です。

ほめられてうれしいのは
人間だれしも同じ、

普段褒められ慣れてない人なら
なおさらです。

とにかく明るく伝えるように
してください。

嫌味やイジリに感じられては、
意味がありません。

「本当にそう思ってる」感を
全力で伝え、とにかく
ほめてあげてください。

ほめることで、
人を幸せにすることができます。

ほめられた相手は、
きっとあなたに絶大な
信頼を寄せるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました