モテる男の頼み方

恋愛術

✕→目玉焼き作ってこい!
✕→朝食に目玉焼き作ってくれよ。
✕→朝食に目玉焼き作ってくれないか?

上のような言い方は、
女性に対してはNGです。

「何よえらそうに!
 そんなに食べたいなら
 自分で作ればいいじゃない!」

女性は、目に涙を浮かべて
叫んでしまうかもしれません。

男性は昔から常に、
危険と背中合わせでした。

ストレートな言葉で
獲物の位置を、敵からの攻撃を
仲間に知らせる必要がありました。

一方で女性は、
まわりりくどい言い方をします。

攻撃や対立、不和を避け、
相手と親しくなって関係を気づき、
巣と子どもを危険から守ろうとする
本能が働くからです。

だから女性は、

男性特有の、
短文で要点を簡潔に示した
分かりやすい言い方だと、

ぶっきらぼうで礼儀知らずという
印象を持ってしまうのです。

男性であれば、
こんな風に話しかけられたことが
あるかもしれません。

「ねえ、
 コーヒー飲みたくない?」

と。

これは、

「あなたがコーヒーを
 飲みたそうにしているな。」

という、女性の思いやりから
くる言葉ではありません。

このように女性に聞かれたら、
それはイコール

「あたし、つかれたから
 コーヒーでも飲んで
 休みたいの。」

ということなのです。

「コーヒー飲みたいなら
 はっきり言えよ!」

と、男性なら思うかもしれません。

でもそこはグッと堪えて
理解してあげてください。

このようまわりくどい表現法は、
女性にとっては、調和を保つための
大切な手法なのです。

だから、

女性に対する頼み方を失敗すると
たいへんです。

ちょっとした言い方の違いで、
深刻な状況になりかねません。

もしあなたが、
女性にモテたいのであれば、
ちょっと間接的な表現を
使ってみるようにしましょう。

〇→朝食は目玉焼きでいいよね。
〇→朝食には目玉焼きがいいんじゃないか?
〇→朝食には目玉焼きなんてどう?

女性は敏感なので、
ちゃんと真意をくみ取ってくれます。

「ああ、あたしを
 気づかってくれてるんだね」

女性の気持ちをちゃんと理解して
モノを頼むのが、モテる男の頼み方
ってもんです。

女性が遠回しな言い方をするのは
脳の配線がそうなっているからです。

はっきりモノを言わないからといって
腹を立てずに、おおらかな気持ちで
女性の話を聞いてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました