ギャンブルで負けない方法

FX

無敵のギャンブラーになるための、
たったひとつの「ある重要な考え方」を
今回はお伝えしたいと思います。

この考え方によって、
負け犬根性を消し去ることができ、
これまで勝てなかった勝負に
勝てるようになります。

「また3万やられちゃったよ…」

暗い部屋の電気を点け、
いつもの場所に座り、

「はぁ~~~…」
とひとつ、深いため息をついて、
ひとりむなしくテレビを見る。

私は、何度もこの悔しさを味わいました。

「どんだけギャンブル運ねーんだよ!」
と怒り狂い、部屋の壁を殴りつけたこと、
一度や二度ではありません。

ギャンブルで負けると、
抜け毛が増えるそうです。

闘争本能がむき出しになり、
脳内でアドレナリンがドバドバ出ます。

アドレナリンは、
強いストレスがかかったときに出る
脳内麻薬で、人を興奮状態にさせます。

過度な緊張と興奮状態によって
血流が悪くなり、
胃腸の働きが低下し、
まったく寝付けなくなります。

常にイライラしていて、
タバコやお酒も増えます。

超不健康なのは言うまでもありません。

その結果、
パラパラと頭の毛が抜けていくのです。

勝つべき勝負にしっかり勝てれば、
ぐっすり眠れます。

自然な笑顔で人にやさしく
接することができ、
食事もいつもよりおいしく感じます。

ギャンブルでコテンパンに負けて
惨めな思いをしないために、
今回お伝えする

「無敵のギャンブラーの考え方」

をしっかりと身に着けてください。

「知る」だけでは足りません。

心の底から「理解」して「納得」し、
「常に心に刻んで」おいてほしいのです。

無敵のギャンブラーになるための
重要な考え方とは、たった一言です。

それは、

勝負をギャンブルにしないこと

です。

もう一度言います。

勝負をギャンブル「に」しないこと。

これは本当に、
とてもとても重要なことです。

「はぁ!?何言ってんの?」

さんざん引っぱられた挙句、
意味が分からないことを言われて、
そう思ってしまうかもしれません。

ですが、とても重要なのことなので
説明させてください。

私たちのするすべての行動は、
運の要素が絡みます。

たとえば、車の運転や飛行機に乗ること。

大事故が起こるリスクがありますが、
これらはギャンブルでしょうか?

「いいえ、ギャンブルではありません」
という意見が多いと思います。

では、これはどうでしょうか?

スロットの設定6を打つ。

「…ギャンブルじゃないと思う」
私もそう思います。

ここで考えなくてはいけないのが、
ギャンブルとは何か、ということです。

私が考えるギャンブルとは、

その人がギャンブルとしてやること

これがギャンブルです。

パチンコやスロット、麻雀やFXそのものが
ギャンブルというわけではありません。

完璧に釘が読めて、
1000円当たりの回転数を把握し、
期待値が大きい台を打つことができれば、
パチンコはギャンブルではありません。

スロットであれば、
機械割100超えの設定の台を
目押しミスなく打つことができれば、
ギャンブルではないのです。

「…そんなの無理じゃねーかよ!」
と思うのは当然です。

実際、無理です。

でも、それに近づけるよう
努力することは可能ではないでしょうか。

パチンコの収支はちゃんとつける。
慎重に店を選ぶ。
回収日は打たない。
全台データを確認する。
釘の見方を徹底的に勉強する。

…など、
勝つために必要なことを徹底することで
パチンコがギャンブルではなくなる
かもしれません。

スロット、麻雀、株、FXなどにも
同じことが言えます。

仕事においてもそうです。

行き当たりばったりで
商談をするのはギャンブルです。

が、

商談前にお客さんへのヒアリングを徹底し、
困っていることを解決する
ベストな提案を準備するのであれば、
ギャンブルではないと思います。

「なぜベストをつくさないのか?」

私は常に心にこの言葉を刻んでいます。

勝負をギャンブルにしないためです。

投資の神様と呼ばれている
ウォーレンバフェット氏は
こう言いました。

「自分に理解できないものに投資しない」

勝負をギャンブルにしないことで、
勝負運が上がります。

ドラクエで、レベルが上がると
「うんのよさ」が上がります。

実力がつくと自然に運が良くなるのです。

今回は、とても大切なことを言いました。

これからは、
無敵のギャンブラーの考え方を心に刻み、
常にベストを尽くして
勝負に臨んでもらいたいと思います。

大丈夫です。

きっと、勝ち切ることができますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました