500円は、いつも500円ではないという心理

お金

先日、私は大きな間違いを犯しました。

お金持ちになるために
最も重要な約束事があるのですが、
私はそれを破ってしまいました。

仕事が休みの日、季節の変わり目なので
クローゼットを整理していたときのことです。

しばらく来ていないコートがあって、
何の気なしにそのポケットを探ってみると、
なんと500円玉を発見!

ラッキー!ということで
そのお金をお財布にしまいました。

問題は次の日です。

コンビニで買い物をしたんですが、
そういえば500円もうけたたなぁ、
と思い出し、

なんと、いつもは買わないような
おつまみを買ってしまったのです!

これは、お金に見放されてしまうような
愚かな行動です。

私は大いに反省し、
二度とこのような過ちは犯すまいと
心に決めました。

「えっ!?どこが大きな間違いなんですか?」

そう思うかもしれません。

でも、このような行動に至る心理に
大きな問題があります。

人間だれしも豊かになりたい、
お金持ちになりたいという
気持ちがあります。

お金持ちになるためには、

仕事を一生懸命にする
アイディアを思いつく
勉強する

というのが、もちろん大事なのですが、
もっと大事なことがあります。

それは、お金に対する考え方を
変えることです。

お金は、お金を大切にする人の所に
引き寄せられると言います。

お札の向きをそろえて財布に入れる
小銭をきちんと管理する
家計簿をつける

などの行動は、金運をアップさせる
と言われています。

これらはお金を大切にしようとする
気持ちの表れです。

ただ、表面的にこれらの行動をマネしても、
心の奥底にあるお金の考え方を
改めなければ、お金を引き寄せることは
できません。

「お金を大切にしましょう」

これは、だれもが分かっている
当たり前のことなのですが、
心の底からそう思っていないので
このような愚かな行動を取って
しまうことになりました。

具体的に説明します。

まず、以下の質問について
考えてみてください。

質問①

目をつけていたゲームが
4000円で売っていました。

レジに持って行こうとしたときに、友達から、

「あっちの店では19万8000円で売ってたよ」

と耳打ちされました。

あっちの店まで歩いて10分です。

安い方の店に行きますか?

質問②

目をつけていたテレビが
19万9000円で売っていました。

代金を払おうとしていると、友達から、

「あっちの店では19万8000円で売ってたよ」

と耳打ちされました。

あっちの店まで歩いて10分です。

安い方の店に行きますか?

ほとんどの人が、
①の質問にはYesと答え、
②の質問はちょっと考える
と思います。

どっちにしても10分歩けば
1000円得をするのに、
4000円のものが3000円になるのと、
19万9000円のものが19万8000円になるのは
大違いと考えてしまいます。

同じ金額に違った価値を持ってしまうこと、
これがお金持ちになれない大きな理由です。

私の例では、コートに入っていた500円を
「あぶく銭」と考えてしまいました。

スーパーの野菜は、
10円でも安いものを買おうとするのに、
です。

汗水たらして働いて稼いだ500円も、
コートのポケットに忘れていた500円も
価値は同じです。

お金が大切だと思っていたとしても、
無意識に

「働いて稼いだお金と
あぶく銭は同じではない」

と考えてしまっているのです。

これでは、お金を貯めることが
嫌いだと言っているようなものです。

「あぶく銭」なんてものは存在しません。

お金の価値は等しく、
どんなお金でも大切に扱うことが
お金を引き寄せる唯一にして
最重要な要素だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました